« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月 3日 (日)

交通機関・災害時にはどうするか?(7)

◆車で島々への旅にはフェリーの利用に成ります。特に中型の船で、波
(Gelombang)の荒い季節(Musim)に制限積載量以上の荷重状態で出航し、
沈没(Tenggelam)するケースが有ります、要注意。

◆小型客船にはいい加減な船もあり、航行途中でエンジン・トラブル、辺鄙な
島へ流された事もあります。

◆船籍、船齢、エンジン状態 (ke-ada-an) などの資料は持っていないので、
我々が事前に調べる事は不可能です。

◆イリアンには細長いカヌーに船外機を付けたものがあります。「落ちたら
サメの餌食だな」なんて思った事ですが、2ヶ月程前、TV7と言うテレビ局の
スタッフが取材の為イリアンの離島を2隻のカヌーに5-6人が分乗しサーベイ、
夜間豪雨(Hujan Deras)の中1隻が不明(Hilang) となり、1週間探索
(men-cari) したが発見されず。

◆指定席の列車に乗ってしまえば、マアマアですが、席に着くまで駅構内、
ホームの混雑の中を歩かなければ成りません、スリに注意する事。

◆指定席に空きが有れば、車内でも車掌から切符を買えます。

◆車内での食事は日本の皆さんには合わないでしょう(Tidak Cocok)。
本を読むにも揺れ(Goyang)が酷く、無理です。

◆保守、管理に問題有りで、色々な事故が起きますから、特急でも何時何処で
停車するかも知れず、何が原因か、今後の予定はどうなるか、掴む事が困難です。

◆自分から積極的 (Agresif) に情報(Informasi)を収集(Kumpul)し、対処
しなければなりません。

◆タイトルに書いた{交通機関}{災害}に続くキーワードは{言葉}に成り
そうです。

◆なるべく早く相手の言葉を聞き取り、短い言葉でも対応出来る様訓練が必要
です。命に係わる事に成るかも知れません、文法、発音は後回しです。

◆この国の人達の大部分 (mayoritas) は個人的付き合いに於いては非常に
友好的です。

◆外交上手ですから、会話相手である我々に不快な感じも与えません、有り
難い事です。

◆人を選ぶ事は必要ですが、気軽に物を尋ねても大丈夫です。
但し、女性に接近し、余り馴れ馴れしくしない事です、因習も有り嫌がられます。

◆最後に、ご注意を:-
列車の駅(Stasiun)、バス、船の波止場には多数のCaloや、得体の知れない
(Tidak jelas Identasnya人達が大勢居ます、有事には立ち寄らない事です。

◆週末 (Akhir minggu) 前後に祝日が重なり、長期休日に成る時の交通機関は
満杯です。バスに限らず全ゆる交通機関の切符料金が高騰します。

◆コンダクター(Konduktor)と客との間、客と客との間にAnjing(犬)、Monyet
(猿)、Goblok〈鈍重〉、Brengsek(畜生)等の罵声が飛び交う事もしばしばで、
荒れますから要注意。

◆列車(Train)の指定席、バスのPatas夜行便(Bis Malam)には、ねずみ避けか、
昆虫よけの為か寒くなる様なクーラーが効いています。両者とも毛布を貸して
呉れますが、それでも絶えられない程です。

◆こちらの人は防寒帽を冠り、キルティングの防寒ジャンパー(Jaket)の襟を
立てている人もいます。

◆往き帰りの荷物(Bagasi)が大きく成るのが困りものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通機関・災害時にはどうするか?(6)

◆ジャカルタは特に朝夕車が渋滞、動かなく成ります。ONE WAY通りが多い為、
近距離でも1時間は掛かってしまう事がよくあります。

◆その様な所へOjekを使って客との待ち合わせ場所まで5分間で、行った事が
有ります。裏道や歩道を走るからです。

◆田舎のOjek運転手は小学校(SD=Sekolah Dasar)、中学校(SMP=Sekolah
Menengah Pertama)の先生(Guru)がアルバイト(Kontrak jam-jam-an)として
働いている場合があり、おしゃべりが弾み、友達になる事も有ります。

◆どこの町にも3輪人力車(Bacak)が有ります、料金はBemo、Ojekより割高
です。顔見知りのBecak以外は気安く信用したり、遊び半分で料金交渉しない
様に。気性の激しい人もいます。

◆その他の交通機関に就いて気の付いた事:-

◆飛行場へ行き飛行機の搭乗を待ちます。定刻 (Waktu ter-tentu)が過ぎても
搭乗アナウンス (me-nyiar-kan) は有りません。1時間過ぎ頃「搭乗は都合で
遅れます」のアナウンスがあり、2時間後に飲料水或いは軽食 (Makanan
ringan) が出る場合もあります。

◆この間コンプレインする人は皆無か、有っても少数 (sedikit) です。

◆バリ島からチモール (Timor) 島へ行く時、朝10時の出発便が、午後3時の
アナウンスでキャンセル(Batal)と成りました。他の飛行機運行会社の事務所
(Kantor) は仕事を終えていて、切符の移動は不可能です。

◆さすがに長時間待期後のキャンセルで30人程の人が窓口(Loket)に集まり
ました。私に採っては旅先での事、ホテル代を請求しました。この請求をした
のは私と他もう一人だけでした。

◆かなりしつこく (men-desak) 交渉 (Negosiasi) してみましたが、「当社の
規定(per-atur-an)に無いの一点張り」、「明日の朝、他社の一番機を用意する
から、それで勘弁してください」。

◆同行していた当時の私の社員は困惑(Bingung)顔で事の成り行きを観て
いました。

◆或る地方の飛行場で朝1番機に搭乗 (Naik) すべく、待合室に入り搭乗券を
胸に差し、当該機 (Pesawat ter-sebut) のゲート付近の席で新聞 (Koran) を
読んでいました。

◆いつまで経ってもアナウンス が無いので、カウンターへ行き尋ねますと、
既に出発 (ber-angkat) したとの事。

◆如何して (Kenapa) 私を探さなかったのか? 詰め寄りましたが後発機は
いずれも満杯。

◆明日の1番機の搭乗券を貰ってホテルに帰りました。油断した(ber-lalai)
とはいえ、のんびりして (Santai) 居た私にも、落ち度があり、ホテル代は
請求できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年8月 »