« PALOPO現場の仕事開始(3) | トップページ | 歌の歌詞で勉強(3) »

2007年1月 6日 (土)

歌の歌詞で勉強(2)

今回は日本語をまず見てみましょう。

くで れます。

これを韓国語にしてみましょう。

これは歌詞の一部であるため詩的要素を含んでい

ます。

なので文章としては、少し変であるかもしれませ

んが、それは気にせず見ていきましょう。

まずは

遠くで

これは、副詞の“ 遠く ”に、場所を示す“ ”が

ついたもの。

韓国語も同様です。

では、“ 遠く ”は韓国語では何でしょうか?

遠く  →  멀리 (モ ル リ: meolri )

それに場所を表す副詞格助詞

 →  에서 (エソ: eseo )

をつけるとどうなるでしょうか?

멀리 +  에서  →  멀리에서

それを省略して

→  멀리서 遠くで

となるのです。

では“ ”は韓国語では何でしょうか?

바람 (パラン: param )

です。“ 바람 ”は子音で終わっているので

바람이 風が

となりますよね。

その後の揺れるは

揺れる  →  흔들이다 (フンドゥリダ: heundeurida )

揺れます  →  흔들입니다 .

動詞の後に、“ です ”に相当する“ 입니다

をつければいいのです。

なので全体としては

멀리서 바람이 흔들립니다 .

(モ ル リソ パラミ フンドゥリムニダ)

となるのです。

|

« PALOPO現場の仕事開始(3) | トップページ | 歌の歌詞で勉強(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/4814062

この記事へのトラックバック一覧です: 歌の歌詞で勉強(2):

« PALOPO現場の仕事開始(3) | トップページ | 歌の歌詞で勉強(3) »