« 万能携帯カメラ用Phlashのご紹介 | トップページ | 30事件(クーデター)(5) »

2006年12月17日 (日)

30事件(クーデター)(4)

◆PKIと中国本土との関係も明らかになりインドネシアは中国と国交断絶。
ジャカルタの中国人街には火付け事件が多発、中国大使館(Kedutaan cina)も
焼かれ(mem-bakar)ました。

◆マカッサル市内(Dalam kota)は以前に増して中国人の車が焼かれる、家が
焼かれる。火事場ドロボーが横行、火事場が無くても怪しい人間が出没する
事態です。

◆市内に或る中堅の日本商社の事務所が有り、所長とは親しく付き合って
貰っていました。所長は警察署長に掛け合い、護身(Bela)用のピストル
(Pistol)を借用した由、私にもピストル携帯を勧めます。

◆よくよく考えましたが、事故が発生した場合、凶器(Senjata tajam)を
所持していれば間違った判断(pe-nentu-an)から加害者に成ってしまう
可能性もあり、私の心情には合わない。
所持はしない事にし、若い兵隊2人を雇い警備(Jaga)に当たらせました。

◆引っ越した我が社宅の両隣は中国人の家だったので両家とも丸焼けに
成りました。

◆我が社が行っているプロジェクトのイ国側(Pihak Indonesia)の現場
責任者(Punya tanggung-an di plant site)はマカッサルに住む陸軍少佐
(Letnan kolonel)S氏、噂では与党政党の地方支部長で新聞記者(Wartawan)
だとも言う。

◆この国で目的(Tujuan)の人に絶対(Mesti))会わねばならぬ場合は夜を
徹して、の積もりで敢行(laku-kan)せねばならない。

◆初めて出かけたS氏宅の庭(Taman)には夜8時を過ぎているのに、塀
(Tembok)の外まで4-50人の人達がしゃがみこんでS氏との面談
(Wawancara)を待っている。

◆家人に私の来訪(Ke-datang-an)を知らせて欲しいと伝える、直ぐに会うと
の返事を貰い、面談。

◆まず、この人達は何なのか?と尋ねる。S氏はニヤニヤ(Senyum)しながら
町の問題、住民間の問題、親族縁者間(Antara famili)の問題、夫婦間
(Antara pasangan)の問題などを相談に来ているとの事、それ等の問題
(Masalah)を即決しているのだとの事。

◆裁判官(Jaksa)のような人だが時間をかけないで済ませる方法とは? 
と尋ねてみる。

◆彼曰く「何処の国でも、何処の場所でも、民衆(Masyarakat)の中には問題が
ある。裁判をするには金と時間が掛かる、それをしないで問題を解決したい
人達がこの人達で、私も其れを理解しているので、問題提起者(Orang punya
tentutan masalah)と受け手の中に私が入り仲裁(meng-adil-i)する。

◆話し合いが付かず、どうしても勝ち負けを決さねば成らぬ場合は、私の村
(Jeneponto)の習慣に習って当事者代表二人がサロン=Sarung(円筒形の布、
縦およそ2m、円筒形にした時の最大幅2m程か? インドネシア人は此れを
常備、着物(pakai-an)代わり、風呂敷として、幼児を担ぐ帯紐としてなど等
多岐に亘って使用している)の中に入り鎌(Celurit)を持って決闘(Perang
tanding)する」。

◆小柄(Raga yang kecil)でハゲ(Botak)かけ頭のS氏はニヤリと言う「この
解決法を期待して皆ココ(Disini)に来る(Datang)んです」。

◆イヤ! (Doh!)、大変な人が私の仕事のパートナー(Pelawan)に成って
いるんだ、とじっくり感じ、又、副社長がS氏には充分気を付ける様にと
忠告(nasehat)してくれた事を思い出しました。

◆問題の火付け事件に就いて(Tentang)相談したいと言うと、心配しないで
宜しい(Tidak perlu kwatir)、お宅に被害は及ばない、との事。
それ以降、彼の言う通り我が家に被害は全く有りませんでした。

◆乞われて預かった(di-titip-i)ホテル・オーナーA氏宅から運ばれた重い
ツズラも無事(Aman)に返還出来ました。

◆ジャワ島中心に大掛かりなPKI狩が行われ、多数の人々が行方不明となり、
又集団(Kelompok)で東インドネシアの島々に隔離(Isolasi)されもしました。

|

« 万能携帯カメラ用Phlashのご紹介 | トップページ | 30事件(クーデター)(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/4574396

この記事へのトラックバック一覧です: 30事件(クーデター)(4):

« 万能携帯カメラ用Phlashのご紹介 | トップページ | 30事件(クーデター)(5) »