« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月24日 (火)

韓国の数詞(2)

前回は数詞を勉強しました。

振り返ってみますと

一月  →  일월

二月  →  이월

三月  →  삼월

四月  →  사월

五月  →  오월

六月  →  유월

七月  →  칠월

八月  →  팔월

九月  →  구월

十月  →  시월

十一月 →  십일월

十二月 →  십이월

でしたね。で、注意するポイントが六月と十月。

それぞれで、パッチムが脱落するのでした。

では、それ以外ではどうなるのでしょうか?

韓国語で階 を表す言葉は

( cheung 、チュン)  → 階

それでは、一階はどうなるでしょうか?

これは

일층

となるわけです。

では前回同様、続けてみてみましょう!

すると

一階  →  일층

二階  →  이층

三階  →  삼층

四階  →  사층

五階  →  오층

六階  →  육층

七階  →  칠층

八階  →  팔층

九階  →  구층

十階  →  십층

十一階 →  십일층

十二階 →  십이층

これを見て分かりますが、前回とは違い六階と、十階では

パッチムが脱落していません。

では、次に日にちの言い方を見てみましょう。

http://www.mag2.com/m/0000176120.html

このメルマガが発行される日は、 10 月 19 日ですので、こ

れを韓国語にしてみましょう。

10  →  (シッ)

月 →  (ウォル)

19  →  십구 ( シッグ )

日 →  ( イル )

なので、これを続けると

십월십구일

とはならずに

시월십구일

となるのです

このときも、 のパッチムである

が脱落するのを忘れないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国語の数詞

今日は数詞について触れてみようと思います。

まず、数詞とは?

数詞とは数を数える言葉です。

その上、韓国語には数える方法が2つあります。

日本語でもそうですが

いち、に、さん・・・

ひとつ、ふたつ、みっつ・・・

と固有語と、漢字語の2種類が存在するように、韓国語に

も同様に存在します。

まずは日本語の漢字語である、いち、に、さん

にあたる数え方を紹介します。

いち  →  (イル)

に   →  (イ)

さん  →  (サム)

し   →  (サ)

ご   →  (オ)

ろく  →  (ユッ)

しち  →  (チル)

はち  →  (パル)

く   →  (ク)

じゅう →  (シッ)

その後は文字を組み合わせていくわけです。

例えば

십일 , 십이 … このように

では、この数詞を使った例を見てみましょう。

一月、二月、三月 … はどうなるでしょうか?

これはさっきの数詞に、月にあたる  월  をくっつければ

いいのです。

つまり

一月  →  일월

二月  →  이월

三月  →  삼월

四月  →  사월

五月  →  오월

六月  →  유월

七月  →  칠월

八月  →  팔월

九月  →  구월

十月  →  시월

十一月 →  십일월

十二月 →  십이월

となるわけです。

注意する点は、六月と十月です。

パッチムが脱落していますよね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(4) By 南果 

◆私が現在(Saat ini)インドネシアで使っている
コンピュータ=PC(Komputer)はノートブック型
(Laptop)です。

PCが日本製である場合(Situasi)は、此方での
電圧(Tegangan listrik)が日本と違いますから、
本体に付属している(menyertai)アダプター
(Adaptor)の接続(sambung)が必要です。

◆電圧の不安定(Kurang stabil)、電力使用量
(me-makai daya listrik)に余裕の無い家屋も
ありますからVoltage Regulator=電力安定器
(Stabilizer)の設置(me-letak-an)も忘れては
なりません(Tidak boleh lupa)。

◆うっかりして(ke-teledor-an)、この安定器を
通さずPCを使っていて、電力使用量のやや大きい
電気機器(Alat listrik)のスイッチ(Saklar)を
入れたり、コンセント(Stopkontak)と機器の
差込プラグ(Jack)のサイズ(Ukuran)が合わない為、
プラグがぐらつき(Goyang)、ショート(Konslet)を
起こす場合もあり、アダプターやハードウエア
(Hard-ware)を壊して(Rusak)しまう事が何度か
有りました。


◆コンセントと差し込みプラグ、機器のプラグと
プラグが合わないと言うケース(Kasus)は多く、
その他の電気部品の規格(Standar)もマチマチ
(ber-macam2)のですから厄介(ke-ganggu-an)な
事が発生(Terjadi)します。

◆此れは国としての工業規格(Standar industri)が
無い為、各家内工業(Home industri)が勝手に物を
作って、他の物より安く店に置かして貰うから
なのです。

◆大部分の店(Toko)はいい加減な(Sembarangan)
品物と承知しながらも買う人(Pembeli)があれば?
と店に置きます。

◆店の親父(Bapak)に「良質(ber-mutu bagus)の物は
どれか?」と聞けば「1番(Nomor satu)がこれで、
其の次(Lanjutan)はこれ、悪いけど安いのはこれ」
と応えます。

◆店の親父は何処かのメーカーが製品を組み立て
2.3日で壊れても良いから安い部品を入手したいと
言う場合もある事を、承知している(Ketauan)
のでしょう。

◆こんな事情(Situasi)を知らずに買い物(Belanja)
をする客は面食らう(Bingung)のです。

◆人様からの贈り物(Kadu)が壊れ、中を空けて
調べると80-90%の部品(Ondel-dil)は正規
(yang benar)な物、極一部(Cuma Sebagian)が
不良品(Tidak benar)であったり、欠損
(ke-kurangan)していたりします。

◆小額の制作費(Ongkos produk)を削って利益
(ke-untungan)を考え、ブランドの信用
(ke-percayaan)を無くす(hilang-kan)事に
無関心と言う業者(Pengusaha)が、居る事は間違い
ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(3) By 南果 

◆どうして(Kenapa)この様にバイクが大量に
売れるのか?

◆答はインドネシア人特質(Ciri)の1つである、
見栄(Gengsi)です。

◆田舎で、しかも近所(Tetangga)の家に行くにも、
裏の畑へ行くにもバイクを使い、余程金の無い人か
年寄り(Orang tua)しか自転車(Sepeda angin)に
乗っていません。

◆子供時代(Zaman anak2)は人の自転車を借りて
(Pinjm)乗り回すので、大抵の人が自転車に乗れます。

が長じれば「見っとも無く(Malu sekali)て
自転車には乗れない」と皆が言います。


◆自転車等に乗っていると見下され(Hinakan)る
のだそうです。他人の口を気にする人達が多い事も
あり、此れがバイク販売合戦に寄与する事に成ります。

◆インドネシア人は何の品物でも気安くGampang)
貸し借りします、昔から相互援助(Gotong Royong)
精神が根強く植えつけられているのでしょう。

◆バイクの場合も同じで気安く貸し借りしますから、
若い(Muda)男女でバイクに乗れない人は極少ない
のです。

◆夫婦(Suami-Istri)プラス子供が2-3人相乗りし
走っているバイクも見かけます。当然幼児をバイク
から落としてしまう事故もあります。

保険(Asuransi)は余り信用されていず、掛けて
いる人は殆どありませんから人身事故を起こすと
大変です。

◆保険会社に対するクレーム(Tuntut)は新聞の
読者投書欄(Surat pembaca)に良く掲載(Terbit)
されます。

◆とは言ってもバイクは家族に取っての便利な
交通手段であり、ステータスシンボルです。

◆日本製ブランドのバイクの値段は110-125CCで
12-17万円ですから、労働者の月給(Gaji bulanan)
の10-20倍です。

◆日本のバイクメーカーにとって人口の多い
インドネシアは宝箱の様な物でしょう。

◆子供に甘い(Manja-kan)此方の親は自分が古い
(Bekas)バイクに乗り、高校生の子供が新車に
乗っているケースが多く観られます。

親も子供も見栄っ張り(Punya gengsi)ですから、
早朝散歩すると小学校5-6年生がバイクに乗ったり、
セダンを運転(Setir)したりしている姿も観られます。

危険(Bahaya)な事は予期せずに、見栄が先行する
場合があるようです。

◆インドネシア市場で目立つ日本製品はバイクに
限らず自動車全車種です。

◆日本製中古(Bekas)の乗用車、ワゴン・バン、
トラック、バス、バイクに興味を持っている人
(Peminat)は多く居ますが、国内生産者
(外国企業との合弁を含む)保護(Jaga)の名目で
政府は輸入制限を設けています。

◆それでも、どの様にして輸入するのか、乗用車や
ボーディーに日本語の看板をつけたままのトラックが
多く目に付きます。

◆中古製品で目に付くのは、此れも輸入制限されて
いる、コンピュータです。

特に日本製中古ノートブック型(Laptop)が多く
出回っています。

◆値段の割りに故障が少ないからです。当然各社
モットー(Moto)を掲げて戦っている結果でしょう。

◆次回はコンピュータ関連製品を例にとって、
再度(Ulang lagi)此方の文化に触れて見ます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(2) By 南果 

◆昔この様なケースは幾つか有り、
(インドネシアではメーカー名(Nama Produsen)
がいろんなモノの代名詞に成っている)其の都度
ビックリ(Kaget)させられました。

http://blog.kansai.com/global/477 ご参照)

◆例えばミシン(Masin jahit)はリッカー、
カメラ(Kamera)はコダック(コタック=箱に
きこえました)、タイヤ(Ban)はGood Year
(グッチャーと聞こえます)、日本人が
メリケン粉と言うのを聞いてアメリカ人が驚くのと
同じ事(Sama dengan itu)です。

◆ブランド(Merek)の売り込み(Promosi)が商戦の
機先を制する事は勿論(Memeng)です。

◆日本では何処の(Dimana saja)家庭にも家族
(Keluarga)の人数或いはそれ以上(Lebih dari)の
本数、傘(Payung)があります。

又、殆どの(Hampir semua)家には書棚(Rak Buku)
の類(Macam)があり、勉強机(Meja berajar)らしい
ものが完備されています。


◆インドネシアにも雨期(Musim hujan)があり、
乾期(Musim kemarau)に雨が降る事さえが有りますが、
傘を所有している人は少なく、雨期でさえ傘を持ち
歩く人は極稀(Sangat jarang)です。

雨に遇ってしまったら大きな樹(Pohon)や物陰に
身を隠すか(Sembunyi)、びしょ濡れになって
駆け出す(Lari)かしかありません。

日傘と雨傘の区別も余り気にしていないようです。

◆人々に「どうして傘を使わないのか」聞くと
「持ち歩くのが面倒だから(Ganggu)」と応える人が
多く、男性からの応え(Reaksi)は「傘をさすのは
見っとも無い(Lupanya tidak bagus)、女々しい
(Kaya wanita)」などです。

◆この見っとも無いとか女々しいとかは、どの様な
歴史(Sejarah)を経て(Melalui)発言されるのか? 
時間を掛けて調べなければ解らないでしょうが、
興味(Minat)が有ります。

◆デパートの様なところでは、日本で使われている
ような書棚、勉強机等が輸出残品(Barang sisa
expor)として売られて居ますが、売れ行きが悪い
のは使用人口が少ないからでしょう。

◆これに引き換え何処(Dimana)の都市、田舎(Desa)
へ行っても日本製(Buatang Jepang)ブランドの
バイク=自動2輪車(Sepeda motor)がおびただしく
走っています。

◆会社・工場に勤めて居る人は会社に保証
(Jaminan)してもらい割賦(Ansuran)払い、個人で
購入する場合は不動産が保証になり、月払い、
日払いも有るようです。

◆危なげな講/無尽(Arisan)形式の取り引き
(Transaksi)勧誘も目に入ります。

やはり掛け金を持ち逃げされる事が有るそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(1) By 南果 

◆その国、その地域の文化(Budaya)により生活に
必要な物(Barang2 perluan)は違ってきます。

◆インドネシアの人達は平均(Rata2)すると、
所有している(Punya)衣類(Pakaian)は多くないで
しょう、しかし洗濯(Mencuci)’は好きで、
山間部に入っても川での洗濯は良く見かけます。

◆今では電化したアイロン(Seterika)を使って
いますが、日本でも昔使っていた炭入れアイロンを
使って下着(Pakaian dalam)に到るまでアイロンを
掛ける事が日課でした。

蟻(Semut)や小さい虫から肌を刺されない為です。

◆アイロン掛けしたシャツ(Kemeja)類の前ボタン
(Kancing)は上から下まで全部掛けられて居ます。

オランダ人(Orang Belanda)が教えたのでしょうか、
ボタンの欠損を調べる為に?

◆話は反れますが、変な事を見掛けます。

◆インドネシアのレストランでは、一般的に
(Pada umumnya)テーブル(Meja makan)に就くと
皿(Piring)の左右(Kiri Kanan)にスプーン
(Senduk)とホーク(Garpu)が出されますが、
ナイフ(Pisau)は使いません。

◆スプーンとホークが有っても、多くの人は指先で
食事をします。

金臭さ(Bau Logam)が無くて美味しいと言います。

◆ホテルのレストランや一流レストランでは勿論
ナイフが出ます。こちらでは食前や食後、指(Jari)
を洗う習慣も有るので、ボウルの水を飲んでしまう事
は有りません。

◆食事が終わりますと、皿の上にホークとスプーン
或いはナイフをX型に重ねて(Susun)置きます。

それは、「もう終わった」の印(Tanda)です。

◆私は此れを観ていて、オランダ人はからかって
逆の作法を教えたのではないかと勘ぐっています。

◆又、食事に指先を使うのは美味いから、と言う
こちらの人がトーストを食べる時には、皿の上の
トーストをナイフで小さく切って食べる作法も、
丁寧すぎて、奇妙(Aneh)に感じる事です。

◆洗濯の話に戻ります(Kembali)、村町では
水道(Pam=略語)以外井戸(Sumur)も使っています。

◆昔は手動ポンプ(Pompa manual)、日本製の
ドラゴン・ブランドでしたが、電化後これもある
日本メーカーブランドが電動水揚げポンプの代名詞に
成っています。

◆ある時こちらの人に聞かれました。「お宅には
〇〇〇有りますか?」と有名(Ternama)な日本の
電化製品メーカーの名を言います。

◆変なことを聞くなと考えながら「無い」と答え
(Jawab)ました。相手(Lawan )は何度
(Beberapa kali)も同じ事(Hal yang sama)を
聞きます。

◆我が家にはポンプのある事を知っていたのでしょう。

彼が説明して呉れてメーカー名Nama Produsen)が
ポンプの代名詞に成っている事を知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

TOEICにスピーキング/ライティングテストがスタートします。

2007年1月より、TOEICにスピーキング/
ライティングテストがスタートします。

  http://www.toeic.or.jp/sw/index.html

それらはどのようなテストでしょうか?

<TOEIC(R)スピーキングテスト>
1. 英語のネイティブスピーカーや英語に
    堪能なノンネイティブスピーカー
  に理解しやすい言葉で話すことができる

2. 日常生活において、また仕事上必要な
    やりとりをするために適切に言葉を
  選択し、使うことができる

  (例えば、指示を与えたり受けたり、
     情報や説明を求めたり与えたり、
   購入、挨拶、紹介ができる等)

3. 一般的な職場において、筋道の通った
    継続的なやりとりができる

<TOEIC(R)ライティングテスト>
1. 適切な語彙を使用し、正しい文法で文を
    作成できる(従属節を含む)

2. 簡単な情報、質問、指示、話等を伝える
    ために複数の文で構成される文章
  を作成することができる

3. 複雑な考えを表すために、状況に応じて
    理由、根拠、詳しい説明などを
  行いながら複数の段落から構成される
    文章を作成することができる

実際にサンプルが掲載されていますので、
どのようなものか見てみましょう!

 http://www.toeic.or.jp/sw/sampletest/index.html

実際に個々のサンプルテストを見てみると、
日本人の場合、リスニング力が劣っているので、
どのようなスピーキングをしたらいいかを
考える前に質問の意味がはっきり分からない人が
多数出てくるように思われます。

また、非常に短期間で、説明したり、自分の意見
を言ったりしないといけない質問もあり、
日ごろからかなり練習していないと、難しい
ように感じました。

TOEICにスピーキングが加わることで、実用的な
英語力が試されるようになるので、TOEICも進化
してきています。

今までは、TOEICで高得点をとっても、話すテストを
していないので、必ずしもTOEICで高得点を取った人が
英語が上手に話せませんでしたが、今後はTOEICで
高得点を取った人は、あらゆる面で英語ができると
言えるようになるでしょう。

グローバル・シーではリスニング、ライティング、
スピーキング、リーディングを鍛える次の3つの
サービスを提供していますので、TOEICでいい成績
をとるのにお役に立てると思います。

1)ネイティブスピーカーによる発音チェック
  e-e-Learningサービス(いーいーラーニング) 

    http://www.e-e-learning.com/

  これは、ネイティブスピーカーが会員の読んだ
    文章を聞いて、どこの発音が悪かったかを
    チェックして1枚のシートに纏める(添削作業)
  と正しく読み直す(録音作業)があります。

  ネイティブがどの発音が悪いかを指摘して、
    どのように読めばいいかを指導してくれる
    ので、TOEICのスピーキング、リーディングに
    役立ちます。

2)TOEIC公式補助教材の販売 
  AmEnglish社はTOEICテストを行っているETSと
    唯一共同で教材を制作している会社です。

  グローバル・シーはAmEnglish社の日本総代理店
    として公式補助教材をご提供できます。

  AmEnglishはPronunciation, Idiom, Writingの
    3つの教材を用意しています。

  http://www.global-c.biz/AmEnglish/

  これは、ライティング、リーディング、
    スピーキングに役立ちます。

3)メルマガ(音声付NY TIMESの要約を読んで
    みよう)の発行

  グローバル・シーでは毎週NY TIMESの記事を
    要約し、それに対して質問・回答をつけた
    メルマガを発行し、PODCASTINGで音声も無料で
  ご提供しています。

  これはリスニング、リーディングに役立ちます。

  http://www.e-e-learning.com/mailmagazine/

  http://e-e-learning.seesaa.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

この問題はとても難しいです

今日も前回のように文章をみながら勉強しましょう。

문제는 너무 어렵습니다 .

今日は上の文章で勉強しましょう。

まず単語

→   この

문제 →   問題

너무 →   とても

어렵습니다 →  難しいです

なので、全体としての意味は

この問題はとても難しいです。

となりますね。

ここで

어렵습니다

の原型はなんでしょうか?

それは  어렵다 です。

この  어렵다  の形で辞書に載っているというわけです。

では次はどうでしょうか。

문제는 어려워요 .

어려워요 これの原型は何でしょうか?

実 はこれも 어렵다 が 変 形したものなのです。

これは、以前勉 強 した 不規則という 変 化のためです。

思い出しましたね。

では  不規則とはどういう 変 化だったでしょうか。

をとり,

語幹の  パッチムをとって,

か  をつける.

つまり

어렵다 - 다 - ㅂ + 워 + 요 = 어려워요

となるわけです。

この規則を知っていれば、逆算をして 어려워요 から、 어렵다

を導き出すことも可能なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私はペ・ヨンジュンを知りません。

今日は文章を見ながら勉強をすることにします。

나는 배용준을 모릅니다 .

今日は上の文章で勉強しましょう。

まず単語

 →  私

 →  ~へ

배용준  →  ペ・ヨンジュン

모릅니다  → 知りません

なので、全体としての意味は

私はペ・ヨンジュンを知りません。

となりますね。

呼び捨てが嫌であれば、名前の後ろに日本の“さん”に

相当する“ ”をつけてもかまいません。

すると

나는 배용준씨을 모릅니다 .

私はペ・ヨンジュン さん を知りません。

となりますね。

しかし、この文章で一番難しいのはおそらく

모릅니다

の部分でしょう。

これの基本形は一体なんでしょうか?

これは“ 모르다

です。変形のために 다  が脱落したのです。

しかし、 ㅂ니다 がついただけなので

原型を見分けるのはそんなに難しくはないですね

では次はどうでしょうか。

나는 배용준씨을 몰라요 .

몰라요  これの原型はなんなのでしょうか?

実はこれも 모르다 が変形したものなのです。

これは、以前勉強した 不規則という変化のためです。

思い出しましたね。

では 不規則とはどういう変化だったでしょうか。

をとり,

語幹の の前の字に パッチムをつけて,

語幹の の母音を に変える.

という変化でしたね。

どちらをつけるのかは、前の母音によってきまる

のです。

韓国語で単語の原型を知るのはとても重要なことです。

なぜなら、辞書にはすべて原型が載っているため。

なのでみなさんも、原型をみわける練習をして見てください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ 짓다 ”

さて、そろそろ勉強に入りましょう。

では、まず単語を紹介します。

今日紹介する単語は

짓다 です。

この単語の意味は

建てる 、 炊く

などの意味を持ちます。

それ以外にもたくさんの意味を持つのですが、それは

皆さんが調べて見てください。

では、その例文を見てみましょう (=^^=)

공원에 집을 짓다 .

これは、どう意味なのでしょうか?

では、単語を見てみましょう。

공원 (コンウォン):公園

(ジッ):家

짓다 (ジッタ):建てる

という意味なので全体としては

公園に家を建てる

という意味になりますね (=^^=)

では、これを少し変形させてみましょう。

公園に家を建てます。

はどうなるでしょうか?

語尾だけを変えればいいですね。

語尾に使用できるのは

습니다 , または 아요 / 어요

でしたね。

では、実際につけて見ましょう。

공원에 집을 짓습니다 .

짓다 をとり、ただ 습니다 をつけるだけでいいの

です。

습니다 ではなく、 아요 / 어요 をつけるとどうなるの

でしょうか?

それは

짓습니다 ではなく、 지어요 となるのです。

짓다 をとって、 어요 をつけるのです。

これは少し難しいですね。

아요 , 어요  どちらを使うかは語幹最後の母音によ

って決まります。

がある単語が全てこのような変化を見せるのでは

なく、変化する単語、しない単語があるので注意し

てください。

このように変化するものを

“ㅅ 不規則”

といいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“살다”

今日は살다という単語を勉強しましょう。

ではまず、살다の意味を見てみましょう。

生きる、生存する。

暮らす、務める、従事する

といった意味を持っています。

では、살다を使った例文をいくつか見てみましょう。

私は日本に住んでいます。

これはどうなるでしょうか?

では単語を見ていきましょう。

わたし   (ナ)

日本    일본(イルボン)

住む    살다(サダ)

なので、これを元に文章をつくると

나는 일본에 살아요.

となりますね。

살다  をとって、아요 をつけるのです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■ グローバル・シーの支払代行.jpのご紹介 ■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

グローバル・シーでは、海外サイトから商品を購入したい

という方のサポートをしています。

外国のサイトで買い物をした場合、安くていいものが買える

場合が多いですが英語に自信がなかったり、自分のクレジッ

トカードで買い物をするのが不安であったり、トラブルがあ

った時の対応ができないという理由で躊躇される方がおられ

ると思います。

安心してください。グローバル・シーでは、発注・支払を代行

して、もしクレームがあった場合は、そのサポートをするサー

ビスを始めました。

それが支払代行.jpです。

http://www.global-c.biz/shiharai/


海外サイトで何か欲しいものが見つかった場合は、是非

支払代行.jpをご利用ください。

http://www.global-c.biz/shiharai/

 支払代行.jpをお忘れなく!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

では、これをさらに丁寧に表現してみましょう。

どうなるでしょうか?

나는 일본에서 삽니다.

体ではなく、後ろに ㅂ니다 が来る場合は살다

が落ちるのです。

それ以外にもが落ちる場合があります。

後ろに ㄴ다 などが来る場合などもそうです。

では、どうなるでしょうか?

나는 한국에 산다.

とこのように、なるのです。

以上のように、後ろに,,などが来る場合

が落ちるのものをㄹ不規則というの

です。

それ以外にも、いくつか条件があるのですが、それは

後日お話をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本兵が残したもの(3)  By 南果 

◆パン(Roti)を焼くとき細かく切ったものを混ぜる
(Campur)と美味しい(Enak)ものです。

◆これ以外の野菜果実の乾燥奨励はしなかった
のでしょうか?

◆冬瓜(Labu)は有るが紐状のカンピョウは無い、
大根(Lobak)は有るが切り干しは無い、干し柿は
無く、乾燥芋も限られているらしく私はまだ
ここで見ていません。

◆バンクアン(Bengkuang)と言う大型の甘蕪も
栄養保存食に成りるでしょうが、この保存食も
見かけません。此れを常食とし5人の妻(Istri)を
養っていると言う人が新聞記事に載って(Terbit)
いました.栄養食であり薬用効果も有るようです。

◆魚の乾燥保存食はジャコ、タタミイワシの類、
塩辛い大小の乾燥魚(Ikan Asin)等などあり
ます.

Maluku州Halmaheraでは飛び魚(Ikan terbang)の
塩乾燥も盛んとか。

◆これ等に比べ日本軍は野菜類の乾燥は奨励
しなかった様です。

◆日本軍がひまし油のひま(Jarak,ラテン名
Jatropha Curcas Linn.)を植えさせた、と
聞いた事が有ります。

◆家の垣根として何処でも見られますが、現在は
燃料として開発しようとソロのAkademi Teknik
Mesin Indonesiaとドイツが良質ひまのある
タンザニアで研究した成果で、本格的試作に
入っている様です。

◆有り難くない日本兵の置き土産も有ります.

当時シラミの事をKutu Jepang(Kutu=虫)と
言って日本兵に多く発生していたと言うのです.

長期の野戦では致し方は無かったのでしょう。

◆こんな話も聞きました.盗人(Pen-curi)を
捕まえ日本軍に渡す(Meng-antar-kan)と「お前の
腕が悪さをした」と言って日本兵が抜刀、
腕を落とし(Potong=切る)たと言うのです。

◆此れを語った人はそれ以降マカッサルの町には
盗人が現れなかったので良かった。私にはそう
言ったものの怖い(Ke-takut-an)時代(Zaman)
でもあったでしょう。

◆当時のマカッサルの人達は良く「日本は
アジアの兄貴だ、我々は日本兵が居なかったら
オランダから独立できなかった」、と言って
いました.

確かにその様な見方もあるでしょう.

◆それはPETA(Pembela=助力、Tanah Air=郷土)
郷土防衛隊の存在も有ったからでは無いで
しょうか。

◆インドネシア側からの要請(Permintaan)で
日本軍が賛成し、各地から集まった若いイ国
軍人達に担当日本兵が特別訓練をしたのです.

◆集まった彼等には独立(Merdeka)と言う目的が
有り、成果は急だったそうです。

本隊はジャワですが後に各地に分散されました.
そして独立戦争では彼等の活躍は目覚しかった
のです。

◆しかし当時(Pada Waktu Itu)のマカッサルで
聞いた「日本のお陰で」の話(Cerita)はこれで
終わり、以降何処でも「日本のお陰で」
良かった、悪かったと言う言葉を聴いた事が
有りません。

◆インドネシアがスハルト大統領に成り、実際は
どうであれ国民に対しては国家の自立感を常に
アピールしていた事にも依るでしょうし、時間
の経過(Masa=時Lampau=経過)であり、当然の
成り行きでもあったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本兵が残したもの(2)  By 南果

◆私の運転手Joniはカラットした性格なので、
当時の話を色々してくれます.

◆兎に角バギャローが多かったそうです.

◆此方の人と日本人とでは味覚が違います.

◆私は甘いRambutan(むくろじ)より、幾らか
苦味のあるDukuが好きな果物です.

Joniが美味いと言ったDukuを食べた日本兵が
美味くないと言って叩かれた。

◆こちらの人は良くマンゴーの酸っぱい若い果肉を
スライスして甘いソースをかけて食べます.

此れも日本兵は嫌いだった様です.

◆彼等自身が好きなので薦めおこられた。

◆ある時果物のナンカ(英語のJack Fruits)を
食べていると、日本兵がやって来て

「其れはなんか?」(Apa itu?)

応えて 「ナンカ」(Nangka)

「だからナンカ?」

再度応えて 「ナンカ」

ヒッパダカレタと言って大笑い、私もつられて
大笑い.

余り出来すぎているので、運転手が誰かから
聞いた笑い話だとは思っています。

◆時間が経つに連れ、戦況の変化か軍上層部に
変化があり(Ber-ubah)、インドネシア・ラヤを
歌う事を禁止したり、日本兵の態度は横暴、
粗野(Kasar)に成ったそうです.

◆兵補や労務者(Heiho dan Rohmusha)には
バカヤローとビンタが横行。

◆オランダは350年余に亘り、ある時は過激に
この国の財産を搾取、しかし大ごとにはさせず、
全体的にはゆったり(Perlahan-lahan)と施政した
のでしょう.

◆オランダに対し残っている印象は薄いものです.

逆に日本の南方攻略は行き着く所迄行ってしまえ的
急進(Operasi Cepat)行動(Aksi)だったので
しょう。

◆収集された少ない情報を基に対策が取られた
ようで、民情対策にはボロを出す結果と成った様です。

◆日本国内が食糧危機(Krisis Makanan)で、その上
海上権を失った日本兵が例え数百人単位で村落に
長期(Jangka=期間, Lama=長い)駐留しても村落の
食料はすぐに欠乏します。

◆今でも此方で良く見かけるこんにゃく芋は
日本兵が持ち込んだものが野生化したと言われて
いますが、芋(Ubi)としてより美味しいサツマイモ
の類は数種類あり、澱粉はキャッサバや葛からも
とれますから、こんにゃく芋と日本兵と関係なく、
民間人に依るものと思われます。

◆戦時中子供の私達は輸入された乾燥バナナを
おやつとしてよく食べました.

美味しいものでした。此方では日本兵の携帯食
だったと思われます.

スラバヤのスーパーマーケットで此れを見た時
懐かしく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本兵が残したもの(1)  By 南果 

おでかけ・旅 > インドネシア

◆日本と言う時、我々はニホンと言ったり
ニッポンと言ったりします。私は常時ニホンと
言っているので、此方の人達、皆がニッポンと
発音するので気に成って居ました。

◆ある時、従業員からジョヨボヨ(Joyoboyo)の
話を聞きました。12世紀ケディリ王ジョヨボヨの
予言に依ると「インドネシアは水牛の白い人に
長い期間居座られるが、ある時白い布を纏った
黄色い猿の人がやって来て、もろこしの収穫期間
滞在する。この人達はNIPPON(即ちNanti =であろう,
Indonesia, Perang=戦う, Pula=更に, Orang
Nederland=オランダ人)で、インドネシアは
いつかオランダ人と戦うであろうの略である、
と言うものです。

◆白い布は落下傘、1942年南スマトラPalembangと
北スラウェシManadoに降りた日本の落下傘部隊の事、
もろこし(Jagung)の収穫期間は2.5ヶ月、要は
2.5だと言うが、日本の駐留は3年余に及んだ。

◆此方の人達はこの言い伝えを知っているので、
皆ニホンと言わずニッポンと発音するのかのだと、
理解する様になりました。

◆この様に日本の進軍は神のお告げの如く行われ、
インドネシアの人々に各地で歓迎されました。
進軍の際、後にイ国国歌となるインドネシア・ラヤ
(Indonesia Raya)の歌を流しながらのものも一層の
効果を発揮したそうです。

◆進軍初期の話を此方の人達に聞くと日本軍の青年
将校との温もりの有る関わりが有った事を伺わせる
話が、幾つか有りました。

◆当然たどたどしい会話から始まった事でしょう。

◆一番に覚えた言葉は「ジョウトウ」のようです。
此方の人が何か良い事をすると、褒め言葉として
使っていたのです。反対にダメは「上等ナイ」、
その次が「タイソウ」「イチ、ニ、サン」、
オランダはインドネシア人に学問を授けたくなく、
その様な施策でした。

◆家柄に依っては中学まで行けたものの、一般的には
小学校(Sekolah Rakyat,当時は現在のSekolah Dasar
と言う言葉を使わず、終了期限も3ヵ年だった)
にも行けなかったのです。

◆日本軍は強制的に皆小学校に登校させ、毎朝体操
(Senam)で体を鍛え様としました。

「オハヨウ ゴザイマス」、「キオツケ」、
「ヤスメ」、「キンロウホウシ」、「トナリグミ」、
軍歌も覚えていますが、教練の際の「上官に」
「捧げつつ」は覚えていない。朝礼の際
「テンノウヘイカ」、「バンザイ」も当然覚えて
いるのでしょうが、天皇(Kaisar)は神(Tuhan)
であると教えられた時、アラー壱神教の彼等には
受け入れ難いと感じたに違いありません。

◆覚えたくないか(Tidak mau ingat)、心に留めて
いないか或いは覚えているが言いたくないかで
ありましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PALOPOの現場で軍歌ミヨトーカイノ(2) 

◆工場現場は椰子畑、椰子の木を伐採し、
地均し後 水牛の頭を埋めて地鎮祭、祭りは
2日間続きました。夜が本番の祝賀です。

◆村のエライサン達は皆日本兵の下で働いた
人達です。宴会が賑わって来て私がその中に
入ると必ず、日本の歌を歌えといわれる
(Lagu=歌、 Nyani=歌う)。

日本の歌と言うのは軍歌の事です。

◆サァー歌え、 ミヨトーカイノ 私は
歌います。

 ♫ 見よ東海の空明けて ♪、 

此処までしか知りません。彼等はまだ歌って
 います。

 キョクジツ タカク カガヤケバ

◆彼らはもう勝手に歌い出しています。

サラバ マカッサルヨ マタクルマデハ

◆これはサラバ ラバウルヨの替え歌ですが、
彼等はオリジナルだと思っている様です。

◆一息入れました。又注文です。マシロキフジ 
を歌えという。

  真白木富士の根 緑の江ノ島 と歌い出すと
違うと言う。

  マシロキフジノ ケダカサオ ココロノツヨイ 

  タテトシテ

  彼等も私も此れまでしか歌えません。

◆調べるとこの歌は「愛国の花」と言う歌でした。

「愛国の花(Bunga)」

 真白き富士の 気高さを 心の強い盾として

 御国に尽くす 女等(おみなら)は

 輝く御代(みよ)の やまさくら
 
 地に咲き匂う 国の花

◆歌には2番、3番も有りますが読めば読むほど
戦時下、銃後の子女を称え励ます歌である事が
解ります。

◆此方の人達は勿論歌の内容を理解して居ませんが、
メロディーが好きなのか、多くの人が歌います。

◆教えた日本兵も多かったのでしょうが、
占領下の地で彼等が使っている現地の人達に
歌わせる歌としては不適切な歌だと思います。

◆日本兵達にはどの様な意図があったのか? 
解せません。

◆次ぎは ウミユカバ デス、小学生1年の時
学校の講堂で歌いましたが、勿論意味は理解して
いません。

◆どういう歌なのか調べました。

 海行かば 水漬(みつ)く 屍(かばね)

 山行かば 草生(くさむ)す 屍

 大君の 辺(へ)にこそ死なめ

 かえりみはせし

◆何と作詞が万葉歌人、大伴家持と成っている
のを見て、驚きました。

私たち以上に歌人本人は戦時中ずーと驚いて
いた事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PALOPOの現場で軍歌ミヨトーカイノ(1) By 南果

おでかけ・旅 > インドネシア

◆対インドネシア賠償の支払い方式は輸出資材
の現地積み下ろし港までと、技術援助費が
日本円払い、以降の資材の輸入通関、建設現場
迄の運賃、建設費はルピア払いです。

◆このプロジェクトのイ国側のパートナーは
工業省(Departemen Perindustrian)でしたが
資金不足の為、軍の参謀本部に移行(Pindah)、
改めて双方が参謀本部に集まり説明を兼ねた
検討会が毎日行われました。

◆軍側にはソ連、チェコ等共産国から帰国した
留学生(Beasiswa)が参加し問題を提起する。
彼等の頭の中には全ての工業のNo.1はドイツ
(Jerman)であり、ドイツ製(Buatan =製)で
あると言う事が inputされているので、説明は
厄介でした。

◆1カ月後会議が終わり、参謀本部から
マカッサルHasanuddin部隊に下命され、
マカッサルのPalopo Plywood Project=
P3事務所が説立されました。通関を待ち
ながら運送計画作成の調査で何度もPalopoに
向かいます。

◆Palopoの仮宿舎は元オランダ人が住んでいた
丘の上の通称幽霊屋敷、家具類(Macam=
種類 Mebel=家具)は無く直ぐに使えず調査団が
泊まった田舎屋を暫く借りる事にしました。

◆電気は無くランプでも辛抱出来るのですが、
困ったのは排便、毎日(Setiap Hari)
あちこちへ穴を掘って貰う訳にはいかず、
水牛(Kerbau)と一緒に川で水浴をしながら
の排便。

◆当地の人は慣れていて困難は無いようですが、
やってみると難しい事が解ります。川の水が
肛門に当ると冷たいので肛門は閉じようとする。
慣れるまでは大変です。

◆スラウェシには何処でも山が迫っているせいか
川には石(Batu)、砂(Pasir)が多く水は澄んでいる、
とは言っても上流には村落もあり洗濯、排便もする。

◆飲料水(Air Minum)は川の砂場を毎回掘り水を
採る。この水を煮沸(Mem-didih)して料理に使うが、
飲料水は湯冷ましをグラス(Gelas)に入れ、
その中に木を5-7mm程の太さに裂いた棒を
入れる。水が淡いピンクになり其れを飲む。
この木にからは殺菌剤が出るという、無味無臭。

◆村に居る女子供は地方語(Bahasa Daerah)しか
話せないので、この木が何の木であったのか
聞きだせず、その後は忘れていました。この様な
木に就いて何か知っている方がいらっしゃったら
教えて下さい。

◆陸路420kmの間には多くの橋(Jembatan)が
有り標識には最大負荷重量2.5トンと成って居るが
信用できない。付近にある椰子の木をチェインソー
で倒し補強しながら進む。さながら工兵隊です。

◆私も始めて椰子(Kelapa)の木の中がどうなって
居るのかを知りました.。

◆バナナ(Pisang)の木はねぎの様なもの、
パパイヤ(Papaya)の木は中心に大きな穴が走って
いて幹を切断すると樹液がザァーと流れ出る。

◆椰子は全く違い太い繊維質で出来た非常に硬質の
木材(Bahan Kayu)、橋桁にはもってこいの材料
(Materi)です。橋は補強しても最大2トン迄です。

◆海軍に交渉して上陸用舟艇を借りブルドーザ
以下の重量物はBua沿岸の浅瀬に乗り上げる事に
しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドネシア、恐怖の連続地震(2)  By 南果 

◆インドネシアと日本での津波報道システム
 (sistim)が確立されているが、インドネシア
の場合として;-気象庁が正副大統領官邸と
緊急災害対策本部、厚生省、消防庁
(Pemadaman Api)に知らせ、緊急対策本部は
各州(SetiapPropinsi)の対策本部に報知、
州の本部はラジオ局、(Stasion Radio)各県の
対策本部に連絡し、各県(StiapKebupatin)本部
から町村の対策本部に知らせる。

地震発生から末端までに知らせるには30分の
時間 (Waktu) が必要(Perlu)としている。

◆これはシステムであり、他紙の諸ニュース
(Berita2)を読むと、実際は下部への連絡
(Perhubungan) に対し速やかに(Secepat)
報知されたかというと、訓練不足か?

システムが機能しなかったり、通信機
 (Alat Komunikasi) の状態が悪かったり、
慌てた (Berburu) りして末端までに迅速に
届かなかった事が語られている。

◆対策本部の長である副大統領、担当大臣又
本部から関係大臣との間の連絡系路が確立して
いるか、各自或いは各団体 (Organisasi)
 としての危機意識(Kesaadaran Kerisis)と
実践行動(Aksi Laksanakan)の連動がスムースに
機能(Berfungsi)するのか?

◆経験を積まないと難しい(Susah)とは
言えるでしょう。

◆一方、日本に付いては(Hal)以下が記されて
いる。

◆日本では常に学校や地方末端組織でも地震、
津波対策を生徒、住民(Penduduk)に啓蒙
(Memberitau )しているが、地震、津波は
緊急発生する事なので、此の方法は極めて
重要な事と考える。

◆わが国も此れを参考にすべきで、尚、
気象庁からのより正確、迅速な報道システムを
確立(Konstruksi)すべきも急務である。

◆日本の報道システムの場合として;-
気象衛星(Satelit Cuaca)から当該
地方団体へ報知、地方団体から総理官邸、
ラジオ災害放送、消防庁その他の関連機構に
通知、と地方団体末端組織へ伝達、そこから
当該地の警察、病院、消防署、銀行、一般家庭
へ同時に通知され、地方末端までの所要時間は
5分かそれ以上。

**7月17日、イ国国務大臣緊急対策担当は
日本から地震と津波発生の可能性に就いて
報知を受けていた事を否定、地震発生後イ国
気象庁からSMS(携帯電話のメール)で知ら
されたが、其れさえもアメリカから
シンガポールへ到着後だった。

イ国気象庁自体、地震発生17分後日本から
津波に就いて報知をうけた。それでも津波
発生前45分だった。

当の気象庁は地方団体に知らせる努力をしたが、
電話状態が悪くスムーズに行かなかった。

**対策本部がどうのと言う事とは関係なく、
命拾いした人の話も幾つか有ります。

その中での具体的な話は以下の如し:-
S氏(40)はPantai Widara Payun,
Cilacap(チラッチャップのWidara Payun
海岸)の漁師(Nelayan)だが船(小船=
Perahu)を持っていないので浅瀬(Pantai)
から沖え向かって50mの網(Jaringan)を
張る事を日常としている。

7月17日恒例通り近くの海で胸(Dada)
まで水に漬かりながら網を張っていた。
午後4時頃網を張り終わり、家の方向に
戻って来たが、その時海の唸り(Dentuman)が
2度聞こえ(Dengar)た。

沖に目を遣ると海水が100mほど沖に
引いた。S氏は驚いた(Kaget)が津波の
現象(Gejala)とは知らなかった。

網を取ろうと前に進むと高波が沖から猛進
して来た。波高は椰子の木程の高さだった。
急いで岸に向かい救いを求め、叫び(Triak)
ながら走ったが、波のスピードには適わなかった。

波に飲まれ何度もゴロンゴロン(Terdorong)
と回転(Berputar)した。何かネバネバした
ものが頭に巻きついたが、その都度解き放った。

何本かの木が目に入り其れを確り掴んだが
(Genggam)波に依って離される。

3度か此れを繰り返し、何度か木を移り、
最後の木に強くしがみつく事ができ、足を絡めた。

まだ流れに巻き込まれる心配があり、冠水
しても約2分間息を殺して木に捕まっていたが、
その内波が引いていった。

気が付くと椰子の木の中間に私はいた
(Berada)、後で気を付けると胸に幾つかの
大きい傷(Luka)が残っていた。

**首都ジャカルタに此れまで以上の地震・
津波が発生するとの噂(Isu)が広がり、
多くの国民から大統領に対し「羊(Kambing)
を1000匹生贄(Korban)にして下さい」
との嘆願がSMSを通じてあったが、大統領
曰く「根拠のないデマdesas-desusに惑わ
されないように」。

**1週間前から、ラジオでは気象庁のPR.が
始まり、地震・津波に就いての問い合わせに
応答する様になりました。

**各地の漁師は海に出るのを恐れ(Takut)、
水揚げ量が減じている。

**シンガポールやインドネシアのビンタン
(Bintan)、バタム(Batam)、カリマンタン
(Kalimantan)の各島は影響の有るインド、
ユーラシア・プレートの境(Batasan)から
外れているので、大きい地震はないと言う。

私の拙い素人考えを挟ませて戴けるなら、
今後は西カリマンタン沿岸の海水交じりの
養殖場(Tambak)に注目が集まるのではないか?

そして都市近くの海岸にはテトラポッドや
マングローブ(Bakau)を前面に、後方を
椰子の木、その他の樹で防衛する事が急務、
加えて防災サイレンを多用する事が必要と
考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »