« 何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(2) By 南果  | トップページ | 何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(4) By 南果  »

2006年10月24日 (火)

何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(3) By 南果 

◆どうして(Kenapa)この様にバイクが大量に
売れるのか?

◆答はインドネシア人特質(Ciri)の1つである、
見栄(Gengsi)です。

◆田舎で、しかも近所(Tetangga)の家に行くにも、
裏の畑へ行くにもバイクを使い、余程金の無い人か
年寄り(Orang tua)しか自転車(Sepeda angin)に
乗っていません。

◆子供時代(Zaman anak2)は人の自転車を借りて
(Pinjm)乗り回すので、大抵の人が自転車に乗れます。

が長じれば「見っとも無く(Malu sekali)て
自転車には乗れない」と皆が言います。


◆自転車等に乗っていると見下され(Hinakan)る
のだそうです。他人の口を気にする人達が多い事も
あり、此れがバイク販売合戦に寄与する事に成ります。

◆インドネシア人は何の品物でも気安くGampang)
貸し借りします、昔から相互援助(Gotong Royong)
精神が根強く植えつけられているのでしょう。

◆バイクの場合も同じで気安く貸し借りしますから、
若い(Muda)男女でバイクに乗れない人は極少ない
のです。

◆夫婦(Suami-Istri)プラス子供が2-3人相乗りし
走っているバイクも見かけます。当然幼児をバイク
から落としてしまう事故もあります。

保険(Asuransi)は余り信用されていず、掛けて
いる人は殆どありませんから人身事故を起こすと
大変です。

◆保険会社に対するクレーム(Tuntut)は新聞の
読者投書欄(Surat pembaca)に良く掲載(Terbit)
されます。

◆とは言ってもバイクは家族に取っての便利な
交通手段であり、ステータスシンボルです。

◆日本製ブランドのバイクの値段は110-125CCで
12-17万円ですから、労働者の月給(Gaji bulanan)
の10-20倍です。

◆日本のバイクメーカーにとって人口の多い
インドネシアは宝箱の様な物でしょう。

◆子供に甘い(Manja-kan)此方の親は自分が古い
(Bekas)バイクに乗り、高校生の子供が新車に
乗っているケースが多く観られます。

親も子供も見栄っ張り(Punya gengsi)ですから、
早朝散歩すると小学校5-6年生がバイクに乗ったり、
セダンを運転(Setir)したりしている姿も観られます。

危険(Bahaya)な事は予期せずに、見栄が先行する
場合があるようです。

◆インドネシア市場で目立つ日本製品はバイクに
限らず自動車全車種です。

◆日本製中古(Bekas)の乗用車、ワゴン・バン、
トラック、バス、バイクに興味を持っている人
(Peminat)は多く居ますが、国内生産者
(外国企業との合弁を含む)保護(Jaga)の名目で
政府は輸入制限を設けています。

◆それでも、どの様にして輸入するのか、乗用車や
ボーディーに日本語の看板をつけたままのトラックが
多く目に付きます。

◆中古製品で目に付くのは、此れも輸入制限されて
いる、コンピュータです。

特に日本製中古ノートブック型(Laptop)が多く
出回っています。

◆値段の割りに故障が少ないからです。当然各社
モットー(Moto)を掲げて戦っている結果でしょう。

◆次回はコンピュータ関連製品を例にとって、
再度(Ulang lagi)此方の文化に触れて見ます。 

|

« 何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(2) By 南果  | トップページ | 何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(4) By 南果  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/3935789

この記事へのトラックバック一覧です: 何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(3) By 南果 :

« 何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(2) By 南果  | トップページ | 何が売れて、何が売れない?(生活・商品・商感覚)(4) By 南果  »