« 日本兵が残したもの(1)  By 南果  | トップページ | 日本兵が残したもの(3)  By 南果  »

2006年10月 7日 (土)

日本兵が残したもの(2)  By 南果

◆私の運転手Joniはカラットした性格なので、
当時の話を色々してくれます.

◆兎に角バギャローが多かったそうです.

◆此方の人と日本人とでは味覚が違います.

◆私は甘いRambutan(むくろじ)より、幾らか
苦味のあるDukuが好きな果物です.

Joniが美味いと言ったDukuを食べた日本兵が
美味くないと言って叩かれた。

◆こちらの人は良くマンゴーの酸っぱい若い果肉を
スライスして甘いソースをかけて食べます.

此れも日本兵は嫌いだった様です.

◆彼等自身が好きなので薦めおこられた。

◆ある時果物のナンカ(英語のJack Fruits)を
食べていると、日本兵がやって来て

「其れはなんか?」(Apa itu?)

応えて 「ナンカ」(Nangka)

「だからナンカ?」

再度応えて 「ナンカ」

ヒッパダカレタと言って大笑い、私もつられて
大笑い.

余り出来すぎているので、運転手が誰かから
聞いた笑い話だとは思っています。

◆時間が経つに連れ、戦況の変化か軍上層部に
変化があり(Ber-ubah)、インドネシア・ラヤを
歌う事を禁止したり、日本兵の態度は横暴、
粗野(Kasar)に成ったそうです.

◆兵補や労務者(Heiho dan Rohmusha)には
バカヤローとビンタが横行。

◆オランダは350年余に亘り、ある時は過激に
この国の財産を搾取、しかし大ごとにはさせず、
全体的にはゆったり(Perlahan-lahan)と施政した
のでしょう.

◆オランダに対し残っている印象は薄いものです.

逆に日本の南方攻略は行き着く所迄行ってしまえ的
急進(Operasi Cepat)行動(Aksi)だったので
しょう。

◆収集された少ない情報を基に対策が取られた
ようで、民情対策にはボロを出す結果と成った様です。

◆日本国内が食糧危機(Krisis Makanan)で、その上
海上権を失った日本兵が例え数百人単位で村落に
長期(Jangka=期間, Lama=長い)駐留しても村落の
食料はすぐに欠乏します。

◆今でも此方で良く見かけるこんにゃく芋は
日本兵が持ち込んだものが野生化したと言われて
いますが、芋(Ubi)としてより美味しいサツマイモ
の類は数種類あり、澱粉はキャッサバや葛からも
とれますから、こんにゃく芋と日本兵と関係なく、
民間人に依るものと思われます。

◆戦時中子供の私達は輸入された乾燥バナナを
おやつとしてよく食べました.

美味しいものでした。此方では日本兵の携帯食
だったと思われます.

スラバヤのスーパーマーケットで此れを見た時
懐かしく思いました。

|

« 日本兵が残したもの(1)  By 南果  | トップページ | 日本兵が残したもの(3)  By 南果  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/3726252

この記事へのトラックバック一覧です: 日本兵が残したもの(2)  By 南果:

« 日本兵が残したもの(1)  By 南果  | トップページ | 日本兵が残したもの(3)  By 南果  »