« ポーランド語 リスニングについて 【ポーランド語翻訳者寄稿】  | トップページ | 数字を覚えてその発音を練習しよう  »

2006年9月19日 (火)

人をパーティーに誘うこと By Joseph 

■Inviting People to a Party

Y = Yoko K = Kim

喫茶店で、

K: Hi, Yoko. Fancy meeting you here.

備考: 「Fancy meeting you here」というのは
「こんな所で会うなんて奇遇ですね!」と
いう意味です。

Y: Hi, Kim. Got a minute.

アメリカ人はGot a minute?の代わりにYou got
a minute?という場合もあります。

正式な会話ではGot a minuteの代わりに、
Do you have a minuteと言った方がいいです。

K: Sure. What’s up?

備考:What’s up?という表現は場合によって
いろいろな意味が可能ですが、
   こちらは「何でしょうか」という意味です。

Y: Well, this Saturday is my 20th birthday.
Since a person’s 20th birthday is very
special in Japan, I’m having a party at
my apartment.

K: Sounds great! What time?

備考:Sounds greatは「楽しいそう」という
意味です。「楽しそう」の直訳の
「Sounds like fun」でも言えます。

Y: I’m thinking about 6 pm because I want
to make dinner for you and my other friends.

K: What should I bring?

備考:日本では人の家に誘われたら、お客さん
なので、ケーキとか持ってくるかも
知れませんが、おかずなどは絶対持って
こないのです。しかし、アメリカでは
持ち寄りのパーティーが多くて、何を
持ってきたらいいか確認するべきです。

Y: Nothing. Just your appetite.

備考:「Just your appetite」の直訳「持って
    きて欲しいのは食欲だけです」
    は冗談です。日本人には何かおかしい
    感じかも知れませんが、アメリカ人には
    面白いです。

K: OK. See you Saturday. Oh! Wait a second.
  I don’t know where you live.

「ちょっと待って」を意味するWait secondの
ようにWait a minuteもよく利用されます。
意味は一緒です。

Y: Oh, that’s right. I’ll Email you
directions to my apartment later today.
It’s near campus, and it’s easy to find.

K: Great. Bye.

Y: Bye.


Mark' comments:

アメリカに14年間駐在したときの経験では、
持ち寄りのパーティやそんなに手間のかからない
パーティが多かったように思います。

近所の人や、会社の同僚、子供関係の知り合いが
集まり、ビールやコーラを片手にのどかに談笑と
いうパターンでしょうか。

日本では、家も狭いということもあるかも
しれませんが、あまり人を招いてパーティは
少ないですね。

どこか近くに出かけてバーベキューパーティ
なんかも良いですが。

日本人の場合、人のことを気にしてばかりで、
体裁を整えるのに疲れてしまうので、もっと
気楽にやればいいと思います。


この記事は、グローバル・シー発行の
「いーいー語学学習!」から抜粋しています。

このメルマガも購読してくださいね。

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000155334.html

|

« ポーランド語 リスニングについて 【ポーランド語翻訳者寄稿】  | トップページ | 数字を覚えてその発音を練習しよう  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/3496088

この記事へのトラックバック一覧です: 人をパーティーに誘うこと By Joseph :

« ポーランド語 リスニングについて 【ポーランド語翻訳者寄稿】  | トップページ | 数字を覚えてその発音を練習しよう  »