« Using Email Effectively  | トップページ | ビジネスマンの英語  »

2006年5月10日 (水)

声に出してみよう! 

◆斉藤孝氏が「声に出してみたい日本語」という本を
出されていますが、こと語学に関する限りはどの言語でも
声に出して読むことの重要性は変わらないと思います。

◆「文章を声に出して読み上げることに慣れていれば、
照れや恥ずかしさは過剰に感じなくなります」と言われて
います。外国人に英語を話す時の日本人の照れは、実は
声に出して読み上げることに慣れていないからとも
言えます。

◆暗誦する文化を絶やしたくないとの思いがあると
書かれていましたが、英語に関しても名文を暗誦して
みてはどうでしょうか?

◆【EELearning】のサンプルに「少年よ大志を抱け」を
載せています。日本語訳と音声は下記をご参照。

→ http://www.e-e-learning.com/boys.html

◆“Boys, be ambitious. Be ambitious not for money
or for selfish aggrandizement, not for that evanescent
thing which men call fame.

Be ambitious for the attainment of all that a man
ought to be.”

◆この言葉を噛みしめると、感動を覚えます。何という
すばらしい言葉でしょうか。勇気が湧いてきます。

◆【EELearning】の基本は必要な文章の暗誦です。
理屈もへったくれもなく覚えないといけないものを何度も
読んで、ネイティブの発音と比べて同じように発音できる
まで練習するというものです。

◆そうすることによって、自分が実現したいと思う
外国語を相手に正しく伝えることができます。

◆外国人と話をする時を想定してみましょう。

そんなにいろんなことを話す必要はありません。必要な
ことだけを練習し、それ以外のことはやらないという
ことも必要ではないでしょうか?

◆人生の中で自分が使える時間は限られていますので、
語学は目的をはっきり設定してそれを実現することだけを
考えましょう。

◆最後にBoys & Girls, be ambitious!!

|

« Using Email Effectively  | トップページ | ビジネスマンの英語  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/1752472

この記事へのトラックバック一覧です: 声に出してみよう! :

« Using Email Effectively  | トップページ | ビジネスマンの英語  »