« ロシア語 ヒアリングについて  | トップページ | 韓国のバレンタインデー »

2006年4月 3日 (月)

ロシア語 メロディをつかむ

●全くゼロの状態から未知の外国語をはじめるときには
できるだけ長い間、外国語を耳に注ぎ込んでください。

そして単語を聞き取ろうとせずに音楽を聞くように
リラックスして聞くと、次第にその言語独特のメロディや
リズムがつかめてくると思います。

●このメロディやリズムをつかめるかつかめないかで、
後々、特に自分が話すようになったときにきれいな
イントネーションで流暢にしゃべることができるか
どうかが決まります。

●もしいくら聞いてもよく分からないようであれば、
自分の聞いたことのない外国語をいくつか、例えば
ドイツ語とロシア語とフィンランド語のように、
比べながら聞いてみてください。

●そうしたらドイツ語は「ツィヒ・ツィヒ」という感じで
ロシア語は「シュルシュル」という感じでフィンランド語
は「カラッコロン」というかんじと、これはあくまで
例えですが、それぞれ特有のメロディがはっきり区別
できるかと思います。

ロシア語についてはメロディーがあるのですね。

昔タモリが知らない外国語をそれらしく聞こえるような
物まねをしていましたが、確かにそれぞれの言語で
メロディーがあります。

|

« ロシア語 ヒアリングについて  | トップページ | 韓国のバレンタインデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/1258735

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア語 メロディをつかむ:

« ロシア語 ヒアリングについて  | トップページ | 韓国のバレンタインデー »