« インドネシア語 文法の重要性 | トップページ | 韓国語は韓国語として理解する »

2006年4月 2日 (日)

中国語 新語・流行語を習得する

●新語・流行語を習熟するためには、その国の社会や経済
の動きにも意を払う必要がある。新語・流行語は、時代の
変遷・社会の進歩を反映するものであるからである。

●この観点から、『人民中国』同様中国三大誌の一翼を
担っている『北京週報』のインターネット版
(www.pekinshuho.com)の閲読をお薦めしたい。

●同誌は、英・仏・独・西・日の五カ国語版が出版され、
1963年創刊(日本語版)という長い歴史を有する総合
週刊誌であるが、2000年末をもって英語版を残し、
インターネット版に移行した。

●同サイトでは、日本語版のみならず中国語版をも見る
ことができ、両者を比べ読みすることにより、現代中国の
息吹を感じながら中国語学習を進めることができる。

●また、国内最大の中国書出版社である東方書店
(www.toho-shoten.co.jp)が配信している「メールde
時事中国語」(有料)も、現代中国の時事に触れながら、
中国語の学習を深めることができる。

●中国語の会話力を伸ばすためには比較的短いまとまった
文章を丸暗記するという手法が効果的であり、同配信に
掲載されている文章は、そのための好個の素材となろう
(なお、東方書店のサイトには中国に関する情報が満載
されており、前出『人民中国』誌も、同サイトから購入
可能である)。

最後に【中国語を勉強する際も、インターネットを使って
みよう!!】

|

« インドネシア語 文法の重要性 | トップページ | 韓国語は韓国語として理解する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/1258428

この記事へのトラックバック一覧です: 中国語 新語・流行語を習得する:

» 経済と英語の両方を勉強したい人へ [為替王]
このブログ『為替王』やメルマガ『週刊・為替王』は、高校生の方から定年退職された方まで、幅広い方々にご覧頂いていて、みなさまの意欲や熱意に私は本当に頭が下がります。 そんな勉強熱心なみなさまならきっと楽しんでもらえるであろうホームページがありますので、ご....... [続きを読む]

受信: 2006年4月12日 (水) 07時59分

« インドネシア語 文法の重要性 | トップページ | 韓国語は韓国語として理解する »