« 韓国語の挨拶 | トップページ | スペイン語を書く ー スペイン語翻訳家の体験談 »

2006年4月20日 (木)

韓国語のことわざ

さて、 今日ご紹介することわざは

가까운 제 눈썹 못 본다. 

(カッカウン チェヌンソッ モッボンダ: gakkaun je nunsseop motbonda )

です。

まずは、単語の説明をしていきましょう。

가까운 近い(カッカウン: gakkaun )

제 私(チェ: je )

눈썹 眉毛(ヌンソッ: je nunsseop )

못 본다 見れない、見る事が出来ない(モッボンダ: motbonda )

上の単語の中には、今まで出てきた単語もたくさん

ありますね(^◇^)

では全体の意味を考えて見ましょう♪♪

↓↓↓↓

“近くの私の眉毛をみれない。”となりますね。

つまり、身近な出来事、状況などが目に入らないことをいいます。

日本語の“灯台もと暗し”とよく似ていますね

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

このメルマガの発信元e-e-Learningでは韓国語の翻訳および、

韓国語の録音を行っております。

韓国人の友達に韓国語で手紙を送りたい。

韓国語雑誌を読むことができない、などなど。

その時はe-e-Learningに翻訳をお任せください。

またe-e-Learningでは韓国語録音も行っております。

独学で韓国語を勉強しているので、分からない発音がある。

自分の自己紹介の正確な韓国語発音を知りたい。

などなど、発音で困られている方。

その時もe-e-Learningにお任せください。ネイティブ韓国人が

直接録音しあなたにお送りいたします。

詳しくは私たちのホームページへお越しください。

http://www.e-e-learning.com/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、今日勉強したことわざを、一度聞いて見ましょう。

EELのホームページに、サンプルとして今日のことわざ

および、今日勉強する挨拶を載せてあります。

http://www.e-e-learning.com/visitor/korean_sample.html

一度、上のアドレスから訪問してみてください。

○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

それでは、引き続き勉強に入っていきましょう♪♪

今日ご紹介する挨拶は

外出および、帰宅に関する挨拶です。

まずは

다녀 오겠습니다. (タニョオゲッスムニダ: danyeo ogetseumnida)

この意味は

“行って来ます、行って参ります”

という意味です。外出する人が使います。

それに対して家に残る人が

다녀 오세요. (タニョオセヨ: danyeo oseyo)

つまり、“行ってらっしゃい”

という意味になります。 (=^_^=)

次に帰宅したときの挨拶です。

다녀 왔습니다. (タニョワッスムニダ: danyeo watseumnida)

この意味はもちろん

“ただいま”と言う意味ですね。

また、それに対する返事

오서 오십시오. (オソオシップシオ: oseo osipsio)

“おかえりなさい”です。

以上の挨拶は日常よく使う挨拶の一つです。

韓国人の友達の家に行ったときに、是非使ってみてください。

しかし上の挨拶はカタカナ及び、アルファベット表記していますが、

どのように発音すればいいの??と思っている方が

いるのではないでしょうか。

今日はこれらの挨拶もサンプルとして下記のホームページに

載せています。

http://www.e-e-learning.com/visitor/korean_sample.html

是非いちど、訪問してみてください。ネイティブ韓国人が

実際に録音したものです。

○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

|

« 韓国語の挨拶 | トップページ | スペイン語を書く ー スペイン語翻訳家の体験談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/1474556

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国語のことわざ:

« 韓国語の挨拶 | トップページ | スペイン語を書く ー スペイン語翻訳家の体験談 »