« ポーランド語 リスニングについて | トップページ | ロシア語 ヒアリングについて  »

2006年4月 3日 (月)

スペイン語の耳と口を作る

●語学を習得するには、毎日少しずつでいいので、その言語
に触れることが大切です。

●毎日5つずつ単語を覚えたり、挨拶のフレーズを覚えた
り、はじめは無理のないレベルで少しずつ始め、慣れてきた
ら短いニュースを読んだり聞いたりして、目と耳、脳を慣れ
させてあげることが大切です。

●その際、心がけていただきたいのは、スペイン語のフレー
ズや単語、ニュースを必ず声に出して読むということです。

●最近ではインターネットが普及したおかげで、手軽に世界
各国のニュースを現地の言葉で聞くことができるようになり
ました。

●NHKラジオのスペイン語放送などは、比較的ゆっくりとし
たスピードで発音が聞き取りやすいので、スペイン語学習に
はぴったりのメディアです。 

●メディアを活用することで、リスニング力が向上し、
スペイン語の耳が出来上がってきます。

●声を出して読むことによって、自然と「スペイン語の口」
ができ上がってきます。外国語を話すときは、日本語を話す
ときとは違った外国語の「耳と口」を使うことに慣れましょ
う。 

●また、自分で短いスペイン語の文章を読んで、録音し、
自分の発音を聞いてみるのも一つの方法です。

●例えばスポーツ選手が、自分のフォームを修正するため
に、鏡の前で練習をするのと同じ要領で。自分の発音を客観
的に評価できます.

最後に【スペイン語を聞いてみよう!! 声を出して読んで
みよう!!】

|

« ポーランド語 リスニングについて | トップページ | ロシア語 ヒアリングについて  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペイン語の耳と口を作る:

« ポーランド語 リスニングについて | トップページ | ロシア語 ヒアリングについて  »