« 日本語の「あいうえお」にあたる、ハングルを勉強しましょう !! | トップページ | ハングルの子音と母音 »

2006年3月13日 (月)

韓国の家

今日は韓国の家についてご紹介したいと思います。

皆さんもニュースで見た事があるかもしれませんが、韓国の冬は非常

に寒くなります。時々、道路が凍結して車がスリップするニュースや

ってますよね ^^

特にソウルは、韓国の中でも北の方に位置するため寒いと言えます。

マイナス 10 度は当たり前。時にマイナス 20 度位にまで下がった時もあ

りました。

そんな寒い冬を快適に過ごす為に考え出されたのが、韓国式の床暖房。

そうです「 온돌 ( Ondol 、オンドル)」です。

(日本語で「暖かい石」という意味です。)

聞いた方もいらっしゃるかも知れませんが、 これは韓国固有の暖房方

式で、全ての家に設置されています。

古来のオンドルは床に敷詰められた石の下に、空洞が設けられていま

した。その空洞と、かまどが連結していたんですね ^^

かまどからの煙や排出熱がそこを流れるため、部屋の床が暖かくなる

という訳です。

料理をすると同時に、部屋の暖房までしてしまおうだなんて、本当に

昔の人は頭がよかったんですね。

最近ではガスを使っているので、スイッチを入れてから部屋が暖かく

なるまで、ほとんど時間がかかりません。

冬でもTシャツ一枚で活動できるくらい快適です (=^_^=)

また、私がよく見かけたのが、暖かくなったオンドルの上に洗濯物を

広げて乾かしている光景です。

部屋の空気が乾燥している上に、暖かいので外に干すより乾くのが早

いのでしょうね。

冬に韓国に行く事があれば、是非やってみてください ^^

|

« 日本語の「あいうえお」にあたる、ハングルを勉強しましょう !! | トップページ | ハングルの子音と母音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/1015558

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の家:

« 日本語の「あいうえお」にあたる、ハングルを勉強しましょう !! | トップページ | ハングルの子音と母音 »