« キーワードに注意しよう | トップページ | AmEnglish.com アセスメントテスト »

2006年2月11日 (土)

まずは正しい発音

●インドネシア語はローマ字で表記され、読み方もほとんどローマ字読み
なので、日本人にとっては比較的発音しやすいと思いますが、注意しなければ
ならない音もあります。

      母音 e, u

      子音 l, m, n, ng, r

などですが、初めは確実に丁寧にひとつひとつの音を正しく発音する癖が
つくまで練習しましょう。

●一文字発音が違っただけでも全く違う意味の言葉になってしまうことも
あります。

●例えば hutan(森)と hutang(借金)。カタカナで表記すれば両方とも
「フタン」ですが、最後のnと ngの違いを発音でも区別できるようになる
ことが必要です。

●jam(時間)と jamu(薬草からつくる薬)もそうですが、両方とも
カタカナ表記ではジャムですが、前者は口を閉じて終わり、後者は少し口を
開いて尖らせて終わる音です。

●きちんと耳で聞いて、自分でも実際に声に出して音を出して練習しま
しょう。

●外国語のいい学習方法はこの方法がインドネシア語に限らなくて、ドイツ語
でも英語でも中国語も韓国語であっても共通する部分が多いと思います。

●その意味でも、このメルマガを購読しておけば、例えトピックが自分が今
勉強しようと思っている外国語と異なっても、役に立つと思います。

●まぐまぐにはバックナンバーはないので、外国語を勉強している友達に
このメールを転送してあげましょう。

●【EELearning】はネイティブスピーカーに通じる外国語をいかに簡単に
経済的に、効率的に喋れるようになるかに特化したサービスで、正しい発音
の外国語を喋れるようになります。

→ http://www.e-e-learning.com

最後に【自分でも実際に声に出して音を出して練習しましょう】
 

|

« キーワードに注意しよう | トップページ | AmEnglish.com アセスメントテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/676988

この記事へのトラックバック一覧です: まずは正しい発音:

« キーワードに注意しよう | トップページ | AmEnglish.com アセスメントテスト »