« 主婦の方にぴったりの【e-e-Learning】 | トップページ | フランス語の文法の難しさ »

2006年2月11日 (土)

話をする前に下調べをしょう

◆具体的にこういったことを外国人の人と話しをしたいとのことが明確で
あればなんといっても下調べが役立ちます。

◆これも話したいことに近いことが書かれている記事やテキストを利用して
まずはそのまま利用するかすこし単語を変えてみるだけで十分ですので、
そういったことから始められると楽かと思います。

◆自分の話したいトピックを事前にまとめてみましょう。

◆日本語訳を見てこのくらいは表現できると思ったものでも必ず口にだして
本当に言えるかどうか確認してください。日頃使っていないものはなかなか
口から出てこなくてもあたりまえですので、どうしても口を開く、音を出して
みるといった基本練習が不可欠となります。

◆テキストのなかで日本語を見てすぐに英語に変えられない表現があれば、
徹底的に暗記をしていつでもすぐに出てくるように訓練していかれることが
最初のステップです。文章で覚えてしまうことが重要です。

◆あとはその数が多くなっていけば余裕や自信につながり、会話で良い結果が
出てくることと思います。

◆かなり下調べや発声練習をして、また失敗も数多くして徐々に会話力を
つけていくと思いますので自信をもって楽しく話ができるように少しずつ
準備をしましょう。

◆Markは14年アメリカに駐在しましたが、地元のアメリカ人のおじさんと
ゴルフ友達になりました。サンフランシスコ地域ではパブリックコースの予約
はなかなか取れなかったりしますが、そのおじさんがよく取ってくれました。

◆ゴルフをしている最中は、ゴルフに夢中でしたが、一緒にカートを引いて
歩いている時や、プレーを待っている時に時間があるので、毎回テーマを
決めて、前もって質問や自分の考えをまとめて会話の練習をやりました。

◆いきなり質問されたりすると戸惑いますが、例えば911後のアメリカの
対応をどう思うか等、自分が前もって選んだトピックであれば、話も続き、
つたない英語でも、それなりに通じるものです。

◆最後に、【外国人と話をする前に前もって下調べと発音練習をしょう】

|

« 主婦の方にぴったりの【e-e-Learning】 | トップページ | フランス語の文法の難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/677040

この記事へのトラックバック一覧です: 話をする前に下調べをしょう:

« 主婦の方にぴったりの【e-e-Learning】 | トップページ | フランス語の文法の難しさ »