« 中国語学習方法序説 | トップページ | 1. 概略 »

2006年1月 8日 (日)

■インドネシア語学習のキーポイント

インドネシアの国は、18,000の島からなり、文化、人種も多種多様です。

言葉もそれぞれの地方にバリ語、スンダ語、ジャワ語など地方語がありますが、
公用語はインドネシア語であり、義務教育である小学校ではインドネシア語が
教えられているため、高齢者を除けばほとんど全国でインドネシア語が通じます。

日本人にとっては親しみやすく、学びやすい言語といえるかもしれません。

|

« 中国語学習方法序説 | トップページ | 1. 概略 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■インドネシア語学習のキーポイント:

» バリ語 [世界の言語]
バリ語バリ語は、インドネシアバリ島で使用されている言語である。およそ、インドネシアの人口の2.1%にあたる380万人の話者を持つ。ジャワ島でも使われている。バリ語の言語系統は、:オーストロネシア語族>マレーポリネシア語派>西マレーポリネシア語派>スンディク諸語>バリ・ササク諸語>バリ語このように、バ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月10日 (火) 06時13分

« 中国語学習方法序説 | トップページ | 1. 概略 »