« ■小泉内閣メールマガジン(英語) | トップページ | 【音声付】NY TIMESの要約を読んでみよう! »

2006年1月25日 (水)

【e-e-Learning】活用法

外国語をきちっと話せているかどうかは、やはりその外国語を母国語に
している人にチェックしてもらうのが一番です。

自分では正しく発音しているつもりでも、外国人が聞いた場合、何を言って
いるか理解してもらえないケースが多々あります。

自分よがりの外国語を話さず、一度ネイティブの人にチェックしてもらうのが
いいでしょう。

一度【e-e-Learning】に入会してスピーキングを試してみてください。

→ http://www.e-e-learning.com

【e-e-Learning】では目下11カ国語のeラーニングを展開し、80名余りの
ネイティブ・スピーカー・翻訳家があなたの挑戦をお待ちしています。

インターネット上でネイティブ・スピーカーがあなたの話す外国語をどれくらい
理解できるかをチェックし、悪い発音を正しどうすればいいかを1枚のシートに
まとめてくれます。

そして、あなたから送られてきた原文を正しくネイティブの発音で読み直し
録音したファイルをあなたの会員サイトへ送付してきてくれます。

自分の話したい外国語の文章を書きたい場合も、専門の翻訳家やネイティブ
スピーカーに、翻訳・校正してもらえれば、正しい文章が書けて、それを
練習することで正しい外国語を話すことが出来るようになります。

インターネット上で全て完結しますので、語学学校に行く必要はありません。

上司や同僚に内緒で外国語力をアップさせたい人は今すぐ入会しましょう。
 
→ http://www.e-e-learning.com
    

|

« ■小泉内閣メールマガジン(英語) | トップページ | 【音声付】NY TIMESの要約を読んでみよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23494/499567

この記事へのトラックバック一覧です: 【e-e-Learning】活用法:

« ■小泉内閣メールマガジン(英語) | トップページ | 【音声付】NY TIMESの要約を読んでみよう! »